画廊喫茶 フレイムハウス

chyonmage.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

北浜トークライブ!?

a0231859_14571020.jpg


松本智子銅版画展の余韻も束の間。

次は落語家 桂蝶六さんが奮闘してくれてます。
ゲストに 八百屋界のドン、こだわり野菜の北新地「山辻」会長、山中信義さんをお迎えして トークライブを公開していただける。
しかも、我が画廊喫茶フレイムハウス店内でお酒など呑みながら…
そらもう いろいろな話が飛び出して来そうで、おもしろそう。

ぜひご参加をお待ちしています。

12月2日(金)19:30〜
大阪市中央区淡路町1-6-4 2F
画廊喫茶フレイムハウス
入場料1500円(1drink付)
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-29 14:57 | Comments(0)

落とし物 御案内

a0231859_12145348.jpg


画廊喫茶フレイムハウスより 落とし物の御案内。
26日(土)に、当店へお越し下さいました方々で、お心当たりの方、御手数ですが、なるべくお早めに、画廊喫茶フレイムハウスに お寄り下さい。

茶色の毛がフサフサしたの、紫色の柔らかく縦(長い方向)に 折り目のあるの。 など、いずれも襟巻と申しますか首に巻く或いは掛けて寒さを防ぐ物と思われます。 段々と寒さも増して行きます、どうか お早めに。
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-27 12:14 | Comments(0)

また この日がやってきた。

松本智子銅版画展 最終日。
実は これでも 私、絵に執着心てものを湧かしたりするんです。まぁ 一応 絵描きですし。
すっかり 店に馴染んだ銅版画も、27日(日曜日)夕方6時をもって お別れです。寂しいもんなんですねぇ、貸ギャラリーという仕事って。
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-26 22:01 | Comments(0)

もう まもなく

a0231859_10555073.jpg


只今、松本智子銅版画展 準備中。
空っぽの壁面に、絵がひとつひとつ浮かび上がる。

もう まもなく 始まります。松本智子 銅版画展。
27日(日)まで
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-19 10:55 | Comments(0)

おっ!

a0231859_214141.jpg


空間の歪み発見!
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-12 21:41 | Comments(3)

銅版画展‐松本智子‐

a0231859_13291112.jpg


ノスタルジックという言葉で括ってしまうのも 物足りなさを感じる。記憶の隅に埋もれている 静かな匂いを思い出させてくれる。そんな松本智子の銅版画。

銅版画展‐松本智子‐
11月19日(土)〜11月27日(日)までの9日間
11:30〜23:30(最終日18:00)

ぜひ 一度お越し下さい。画廊喫茶フレイムハウス店主 柿坂万作。
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-11 13:29 | Comments(0)

お店の新メニュー?

a0231859_18212443.jpg


お店の新メニュー?
いえいえ 違います。でも…
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-10 18:21 | Comments(0)

トリックアート?

a0231859_9321623.jpg


なんだ? この間延びした フォークの絵は。
そこいらへんに 置いとけば。
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-10 09:32 | Comments(2)

今日は文化の日


いろんな国があって、それぞれの文化がある…
今日は店の入り口水道工事、ついでに祝日なんで、店は休み。まえから行きたかった“磯江毅=グスタボ・イソエ展”(奈良県立美術館)行ってきました。
すんごいリアルさと数の多さに圧倒されました。しかもその内容が、数える程の物、皿とか瓶とかパンとか葡萄とか あと 人だとか。それらがポツンと描かれているのですが、それらが独特の世界を作り上げているような。素晴らしい!
でも、この磯江さん、30年余りスペイン辺りに住んでおられたそうなのですが、なんか こう もちょっと 「オー、エスパニョーラ」てなもんが欲しいような…
あの数々の絵はスペインならでは なのでしょうかねぇ、私には わからんです。
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-03 20:08 | Comments(0)

ありがたい人。

a0231859_1405963.jpg


大いに盛り上がったおおしろ晃個展が終わり、また静かな昼下がり。
今日はなんとなく人物紹介。と言っても 壁に飾っております絵のモデルですが…
コルネリウス・ファン・デル・ヘースト
フランドル=アントウェルペンに住む商人で、絵画や彫刻などのコレクター。多くの芸術家たちが御世話になっている。そして多くの画家がヘーストの肖像画やヘーストにまつわる絵を残している。
写真は、ルーベンスの弟子であるヴァン・ダイクの作品。
[PR]
by Chyonmageta | 2011-11-02 14:00 | Comments(0)

元祖出逢いの坩堝「画廊喫茶 フレイムハウス」6年ぶりに復活。


by Chyonmageta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite